読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある中年サラリーマンのマインドシフト自叙伝

宮城県でサラリーマンをしているサウナを愛する40代男性です。​​​​ ストレスでバセドー病、嘔吐を繰り返しながらの出社等ストレスフルな生活を約10年。 今まで信じていなかった「見えない世界」、いわゆるスピリチュアルを部活動的に生活に取り入れてマインドシフトした経験を記します。​​​​ 同じ境遇の方に少しでも参考になればと思います。​​​​ また、趣味のサウナ、神社巡り、B級グルメ、昭和スポット巡りについても載せていきたいと思います。​​​​

神棚セッティング活動

毎月、神社参拝活動をしていましたが、家に神様を祀り、家自体をパワースポットにしよう、という欲求が芽生えてきました。

その欲求が芽生えた背景として、本屋に行くと神棚にまつわる本に目がいく様になった事と、毎週行っているスタミナラーメンさわきに祀られている神棚に心惹かれる様になった事です。
また、メゾン・ド・ムスヒにもホールにお札とガネーシャ像があり自宅でもやってみようとなったのです。

メゾン・ド・ムスヒの神棚


家を建てる当時は、無神論的で神棚を作る事に興味がありませんでした。
この3年間の活動や出会いを経て、まさか神棚を祀るマインドになるとは思っておりませんでした。
今まで信じていなかった事を信じる様になった振り幅が大きく、思い立ったら即行動&とことんやってしまう性格の様です。


詳細なセッティング方法が分からなかったので、まずは知識吸収です。
ただセッティングするだけでなく、日本の神様の背景を深める為、「古事記の宇宙」「神社の秘密」という本をkindleで購入し読みした。
古事記の宇宙
ただの古事記の解説本ではなく、古事記に隠された秘密や宇宙創造と結び付けた本で面白かったです。
開運秘伝1【出雲大社編】 神社の秘密(超☆きらきら)
古代日本はイズモ族とヤマト族に別れていた話から出雲神社と伊勢神宮の違いが分かりました。



⬛️神棚のセッティング方法・基本ルール

1・方角
目の高さ以上の高いところに、南向き、東向きに設けます。

2・場所
人が出入りのある扉の上、動線上、トイレと背中合わせになる場所には置かない
ピン止めはNGです。

3・お札の並び順

4・供物
水、米、塩、日本酒


その他、色々知識吸収をし過ぎると、細かすぎて面倒くさくなり、モチベーションが下がるので上記の基礎を抑えた上で、準備に取りかかりました。
羽賀ヒカルさんのYouTube 動画では「神棚は神社、神様と繋がるアンテナの役目」である事を知り、更にモチベーションアップ。
黒澤師匠からは「場所も大事ですが、神様をきちんと祀る気持ちと場所を見立てるが大切です」とアドバイスを頂きました。

⬛️神棚セッティング
まずはお札の購入です。
先にお札を購入し、神棚を作らなければならない背水の陣的なマインドにする為です。


一ノ宮神社(例えるならその土地の社長的な神社だそうです)に行きお札を購入。

翌日、毎月ミソカモウデに行っている神社で「天照大御神」のお札と神社のお札二枚を購入しました。




次に設置場所の選定です。
リビングには棚がなく、僕はテレビを殆ど観なくなり寝室にいる時間が長いので、寝室に決定しました。
シンプルにしたかったので、神棚自体は購入せず、備え付けの棚に祀ります。
iPhone のコンパスで方位を調べ、配置場所を決めました。
設置前に部屋、棚を水拭き&乾拭きをし清浄にします。


第一形態
福島のお寺に行った際、お札を一枚購入していました。
寂しい感じです。



第二形態
一ノ宮神社である塩竈神社のお札を右サイドに配置


第三形態
天照大御神と青麻神社のお札です。




第四形態
お供え用の神具と榊をホームセンターで購入(計 ¥1200)
米、水、塩(皇帝塩)、日本酒を供えました。
当初、榊ではなくフィンランドサウナで使用するビフィタ(白樺)を飾るか悩みましたが、妻からの助言により、伝統様式に則り、榊にしました。

ビフィタ





しかし、これでは自分らしくないな、と思い
下記第五形態に落ち着きました。

サウナの神様を見立てました。


きちんとした神棚ではないですが、そこに神様がいる場所作りを一意専心でやりました。
今後はDIY等で棚を作ってみたいと思います。
また、仏像フリークである僕は、ここに巨大なダンシングシヴァの仏像を飾ってみたくなりました。

余談ですが、日本の仏像よりインドの仏像にグッときます。
多分幼少期に観た特撮映画であるシンドバッドシリーズに影響されています。

Goddess Kali's dancing for the wicked magician

シンドバッド 黄金の航海(1973)
特撮映画監督レイ・ハリーハウゼンが手がけたストップモーションを使ったヒンズー教の女神カーリーの動きが超絶に素晴らしい。




神棚完成後は二礼二拍手一礼を執り行いました。
部屋の空気がシャキーンと引き締まった感じで清々しい気分です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村