読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある中年サラリーマンのマインドシフト自叙伝

宮城県でサラリーマンをしているサウナを愛する40代男性です。​​​​ ストレスでバセドー病、嘔吐を繰り返しながらの出社等ストレスフルな生活を約10年。 今まで信じていなかった「見えない世界」、いわゆるスピリチュアルを部活動的に生活に取り入れてマインドシフトした経験を記します。​​​​ 同じ境遇の方に少しでも参考になればと思います。​​​​ また、趣味のサウナ、神社巡り、B級グルメ、昭和スポット巡りについても載せていきたいと思います。​​​​

メゾン・ド・ムスヒ II

百匹目の猿

「今世での地球を思う存分楽もう」 

今回Maayaさんによるリーディングを受け、まとめるとこの一言につきました。
後から聞きましたが、Maayaさんはプロのヒーラーの方をヒーリングする方で、バリ島まで呼ばれる所以が分かりました。

話は若干それますが、今回のブログを書く直前での黒澤師匠のセミナーで
「人生で影響を受けた本を皆に説明する」
ワークがありました。
その中でメンバーの方が紹介した「百匹目の猿」という本が目に止まり、本を借りて読んでみました。
百匹目の猿

経営コンサルタントの故・船井幸雄さん著作で、イモ洗いをする猿が一定数を超えると、離れた所でも伝播していく、"シンクロシニティ"に関する本です。

"どこかで誰かが何かいいことを始めると、集団内でマネをされ,それが一定数を超えると遠く離れた所でも同じ現象が始まり、社会全体に浸透していくメカニズム"を説明しています。

この現象を科学的に論じた「シェルドレイクの仮説」というのも知りました。

更に読んでいくと「このままでは地球が危ない」と警鐘されている記述がありました。

現在の地球は人間のエゴで固められ、自然の法則に反した不調和な文化になり、マイナスのエネルギーで充満されている。その負のエネルギーは臨界点まで達している。
~中略~
宇宙の意識によって地球は急速に波動を上げ、遠くない未来に別の場所に生まれ変わる。
では、どうしたら良いのか?
エゴと自我の顕在意識を捨て、反自然的な行動を改め、愛、調和、共生を心がける・・・
つまり人間性を高めていく事です。


今回のリーデイングでは、僕個人の事よりもスケールの大きな話でした。
そして、上記に書かれている「遠くない未来に地球は生まれ変わる」と同様のメッセージを貰いました。


結構衝撃的な内容で、ブログには詳細はかけませんが、身の回りの生活で地球にやさしく、今後の人生一瞬一瞬を楽しもう、と心から思ったリーディングでした。


そして、自分をととのえ、周りの人や更には地球を大切にする考えの人数が増えれば変わるんじゃないか?と思いました。
これは黒澤師匠の「成長と貢献を目的とした人を応援することで、清らかな世界を創造する」理念、活動にも通ずるものがあると思います。


個人的に受けたメッセージは下記です。
1)無理に役割・使命探しをしなくても今の僕の状態であればそのままで良い
今後は、昔みたいに"自分を責める"事がない様にしていきたいと思います。


2)過去生では大まかに「アイヌ琉球などで自然を相手にしていた土着民」
今の仕事は真逆の工業系の仕事をしていますが、今回ムスヒに来て一番影響を受けたのが自然農法や家庭菜園だったので、これから何かあるのかな?と思いました。
Maayaさんからは僕の仕事が予想外だったらしくビックリされましたが、これも宇宙采配の中で人間に与えられた"自由意志"による選択だそうです。


3)問題を問題と捉えなくなってきている
部活動や黒澤師匠からの学びで、少しは進化マイセルフしたのかな、と思いました。



■シンクロ
ムスヒには二泊しましたが、最終日の朝にムスヒの由来を教えて貰いました。
Maayaさんは長野県にも家があり、そこは結界を張っているそうですが、ムスヒは結界を張っていないとの事です。

ムスヒは「結び」の意味があり、ここは色んな人が来て結ばれていく場所として結界を張っていないのが理由だそうです。

そして、この建物にも意志があり、色んなアドバイスや采配をしてくれるそうです。

水晶と麻炭が入ったTHARASSO MIX床仕上げの陰陽ルーム



最終日はMaayaさんの娘さん方の運動会だったので、午前中見に行きました。
里山の小学校なので人数は少ないですが、ソーラン節など一生懸命踊っていて、僕たちも見ていて懐かしく楽しい時間でした。


帰り間際に、Maayaさんから波動調整を二人でやって頂きました。
ムスヒのメンバーの方から聞いた所、本気で受ければ五分もかからず寝落ちするとの事です。

僕たちは10分程やって頂きました。


最後にムスヒの皆さんと握手、ハグをしてお別れです。
今までの人生でハグをして別れる事がなかったのですが、Maayaさんとのハグはサウナに入った以上に暖かく感じました。

そして、妻が黒澤師匠の単発セミナーに夕方から参加する予定でしたので、妻だけ電車、僕は車で山梨から宮城まで単体で帰ります。


駅まで妻を送迎後、金精軒の信玄餅を買い込み
30分後にコンビニに寄ってメールをチェックした所、黒澤師匠のメルマガが丁度届きました。

題名は「結んで、流して、贈られて」です。
※一部抜粋引用します。

黒い心に負けず、
過去を気にせず、未来を心配せず、
ただ目の前の人の幸せを願い、祈り、恨まず、許しながら生きること。

白く、あたたかく、明るく、生きること。
すると、ご縁の流れが変わりだし、
良いご縁の糸と「結ばれ」るようになります。

「結び」とは神道でいうと「産霊(むすひ)」の神であり"創造"を意味しています。

意図を変えると、糸(ご縁)が変わり、
糸と糸が結ばれると、生きるネットワーク(綱)が創造され、
流れる愛念の総量が増え、感じる幸福量も増えていきます。


このタイミングでこのメールのシンクロ率に飲んでいたコーヒーを吹き出し、若干気管に入ってしまいました。
この一週間後に観た映画「君の名は」にも"結び"のワードが出てきて結び(産霊)の三連コンボに感動すら覚えました。



■オン・ザ・ハイウェイ
翌日仕事の為、下道ではなく高速道路で帰る事にしました。
帰り道どこのサウナに行くか?
もしくは到着後、疲れた状態でサウナに入るかの二択を思案していました。

僕は高速運転中は、歌なしの90年代テクノやハウス音楽を流しながら運転する事が多いですが、15分くらい上越道を運転していたところ、
「なんか今は音楽はいらないな」
「こんなに車から見える景色って綺麗だったか?」と思ってきました。

しばらくすると、瞬きをしなくてもいいようになり、真正面をほぼ凝視する形になりました。



タランティーノ監督が映画で多用する「トランク・ショット」がありますが、運転席を見下ろす感じで俯瞰的に定点撮影をするならば、中年のオッサンが真剣な表情で運転しているショットです。

映画 "オン・ザ・ハイウェイ その夜 86分"より
ずっと車を運転し会話だけする主人公と車内が映るだけのサスペンス映画


しかし、僕の内面では今まで体感した事のない状態になっていました。


徐々に体全体が振動する感覚になってきたのです。
振動と言っても悪寒の様に、ブルブル震える感じではなく、細胞レベルで微細振動している感覚です。
「なんだ、この感覚は??」と思ったものの、すぐその思考は消え失せます。

眼は前方を凝視ですが、意識は視界180°全方位にレーダーの様に飛び、前の車の動きもなんとなく分かる様になってきます。

そして、自分史上今だかつて使った事のない言葉の感覚が押し寄せてきました。

視界に入るもの全てが「愛おしい」と全身で感じるようなってきたのです。
車から見える山々の風景、看板、はては車内のiphone電源ケーブルやメーターパネルまでも。
目から若干の汗が滲んできました。

このハートウォーマーな状態とこれは本当の俺か?という顕在意識で少し混乱しました。

一種の瞑想状態に入ったと思いますが、3年間瞑想してこのような感覚は初めてです。
サウナ水風呂外気浴後のサウナトランスでも体感した事がありません。
呼吸も一分間に通常18回と言われますが、半分位の回数でゆったりした呼吸です。


「これが波動調整の効果なのか??」
サウナに入ったらどうなるのか?と探究心が芽生え、途中でサウナに入る判断をしました。


どうせ行くならと思い、敢えて行ったのは神奈川の名店「東名厚木健康センター」です。





サウナに入る前に車内で瞑想を敢行。
体全体が上に上がってくる感じが強くなり
幽体離脱するんじゃないか??」と若干ビビリながら目を瞑る事10分。
しかし、気付くと40分経過していました。

サウナは4セット敢行。
しかし、先ほどの状態は収まるどころか、更に強くなってきました。

再度、高速に乗り仙台まで帰りましたが、その瞑想的状態はずっと続きました。
半眼で仏像の如く微動せず、このまま仏像になるかと思うレベルです。


心地良く、感覚が研ぎ澄まされた状態で5時間半の運転。
しかし、体感時間は1時間半位でした。
道中は音楽なしの無音。
まさにサウンド・オブ・サイレンス。

疲れも皆無で、仙台に到着後、妻と合流。
待ち合わせ時間もドンピシャです。

状態を説明するも、妻はその様にはなっていないとの事。
後から聞いたら、友人一名も同じ様になったそうで、帰りの車では話しかけられてもほぼ無視状態だったそうです。
その後2日位はこの状態が続き、以降の瞑想部活動も更に深まっていきました。


この全身の細胞が喜んでいるかの如くのハートウォーマー的感覚はなんなのか?
昔パチンコで大勝ちした時、上機嫌のあまり一時的に「人に優しくなれる」心境になりましたが、そんな小さな感情を超越しています。
人類全員がこの感じになれば、戦争が無くなるのではないか?という感じです。



この状態については、次回Maayaさんにお会いした時に詳しく聞いてみたいと思います。


メゾン・ド・ムスヒに訪問してからの変化としては

1)食べ物に気をつける様なった。
コンビニ食は元より外食も減り、自炊も野菜中心になりました。
更に2kg痩せました。
Maayaさんが言うには、日本という国は神様から「発酵」と「528Hz」(波動?周波数?)を授かっているそうです。
なので、納豆ラバーの僕は遺伝子組換無しの納豆を一回で3パック、ご飯は納豆より少ない量にしました。


2)水や電気などを無駄使いしなくなった。
ムスヒのメンバーの方は、少量の水で丁寧に食器を洗っていたのが印象に残りました。
電気も必要最低限の間接照明でした。
そして、飲用水やお風呂にトルマリン石を入れていたので僕も実践しています。


この後の僕はどうなっていくのか?
不安ではなく楽しみになって来ました。
小学生の時の夏休み前の感じです。


このブログは3年前から遡り、現在まで到達しましたので、今後は日常の出来事等書いて行きたいと思います。

ストレス軽減に僕の経験が1ミクロンでも参考になって頂ければ幸いです。

そして、これを読んで頂いている皆さんが良い年を迎えます様に。
来年も宜しくお願い致します。

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。




にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村