ある中年サラリーマンのマインドシフト自叙伝

宮城県でサラリーマンをしているサウナを愛する40代男性です。​​​​ ストレスでバセドー病、嘔吐を繰り返しながらの出社等ストレスフルな生活を約10年。 今まで信じていなかった「見えない世界」、いわゆるスピリチュアルを部活動的に生活に取り入れてマインドシフトした経験を記します。​​​​ 同じ境遇の方に少しでも参考になればと思います。​​​​ また、趣味のサウナ、神社巡り、B級グルメ、昭和スポット巡りについても載せていきたいと思います。​​​​

第2回リーディング(1年振り2回目)

隠密的部活動を開始し一年程経った僕は
前回リーディングして頂いた凛樹さんにリーディングを依頼しました。(2015年4月)

目的は部活動の効果を確認したい事。
本を読み漁り、ある程度知識を得てたので前回の緊張感はあまりなく、むしろ出稽古に行き師範代に自分のレベルを教えて頂きたい、その様な感じでした。

そして、前回言われた2点を再確認したいと意気込んでいました。
1)爺ちゃんは、はたして来るのか?
僕の「思いやりっぷり」がどの様になっているのか、そしてワンフレーズのアドバイスではなく、きちんと孫にアドバイスをして欲しい、と。

2)ギザギザだったオーラがどの様な形状になっているのか?
前回書き忘れましたが、その時のオーラの色は表面はグレーで失うものの恐れがあること。
内側はその人の本質を表す色を各人持っているそうで、濃紺的なブルーと言われました。 
生まれ持っての役割として、組織などグループを縁の下からまとめあげたり繋げたりする役割を持っているそうです。

リーディング前にサウナ、神社に行きととのえてから行きました。
余談ですが、部活動をやり始めてから一年の中に数回、30日と土曜日が合う日があります。
その日は、朝4時頃に起床し瞑想→家の掃除→犬の散歩→サウナ→神社参拝(ミソカモウデ)→家でビールと心身共に充実したマイフェイバリット黄金コースです。


今回は「おまかせコース」で依頼をしていました。
凛樹さんに診て貰って、いろんな形でリーディングをしてもらいます。
その日は、タロットカードがテーブルに置いてありました。

「爺ちゃんきてますかね?」

「今日はお見えになってないですね~」


一体、どこで何をやっているのか?
なぜ、僕が望んだタイミングでてこないのか?
すでにどこかで誰かに生まれ変わっているのか?
疑問符だらけで若干残念な気持ちもありましたが、「今度お参りにいくから」と心の中で伝えました。
※福島にあるので殆ど行ってなかったのです。
 

ハーブティーを頂きながら雑談したのち
「今日はタロットカードが良いと思い準備してました」と凛樹さん。
  
「順番に2枚ひいてみてくださいね」
  
深呼吸し、目を瞑りおみくじで大吉を引く意識を持って、まずは一枚引きました。
タロットカードは78枚位あったと思います。
 
カードをじっと見る凛樹さん。
ちょっとニコっとして「おぉ~」と言いました。
そして、目を瞑り何かぶつぶつ言って、頷いたりしていましたが難聴の僕は聞き取れません。

待っている間、緊張し手が汗ばみました。
引いたカードには「白多羅菩薩」と書いてあります。

1枚目:白多羅菩薩


白多羅菩薩カードの説明



「上(宇宙)からのメッセージをお伝えしますね。」
  

8年間、本当に大変お疲れ様でした。
あなたはこの瞬間”浄化”されました。

濁流の中に身を置いた状態で、自分を見失しなわず流されずに良く頑張りましたね。
この経験はあなたに取って今後の人生の糧になります。
そしてこの経験をほかの人に伝えたり、役に立つようにしてください』との事ですよ!」


驚愕と感動のあまり、声が出ませんでした。
8年間の色んな葛藤や悩み、経験が走馬灯の様に脳裏に浮かんできました。

若干涙ぐんだかもしれません。
ちなみに8年間という明確な期間は伝えていなかったので、それにも驚愕しました。


そしてもう一枚カードを引きました。
「babaji」と書いてありました。

2枚目:ババジ

ババジカードの説明


「ババジですね!これは良いですね~ 
ヨガ続けてますか?更に続けてくださいね」
前回のヨガ部活動でババジの事を書きましたが、この時点ではババジを初めて聞きました。
昔あったビッリマンチョコでスーパーゼウスのシールを引いた高揚感が込み上げてきました。

他に何かアドバイスをされたと思いますが、一枚目のカードの説明で、鳥肌が立つほど興奮していたのであまり覚えておりませんでした。


また、目を瞑ってうなずいている凛樹さん。   
そして、次に魂の震え的なメッセージを貰う事になります。
   


  
「上(宇宙)から、今のあなたならもう伝えてもOKと言われましたので良く聞いてくださいね。」


  
「あなたは今世、子供持たない選択をして生まれきました。」
    
「(心の中)!!!!!」
 
しばしの絶句。
その時の衝撃は忘れられません。
窓の外に鳩が止まっていたのを鮮明に覚えています。


じっと見守る凛樹さん。
部活動をやり始め、色んな本を読み漁りその中で「生まれる前に自分の課題や設定をある程度決めてきている」と何冊かの本で知っていましたが、まさか自分の人生の実体験上で知るとは思いもよりませんでした。

そして、ある疑問が浮かんできたので聞いてみました。

「その選択は自分だけならまだしも、つっ妻はどうなんですか??」興奮の余り若干声が上ずむ自分。

「もちろん、お二人で決めてきたんですよ」(優しい断言口調で)

「・・・・・・」
  
もはや、メモすら取れない状況でした。
今、ブログで書いているのは、自分の中では衝撃的過ぎてそのシーンが脳内で完全記憶・再現できるからです。
    
    
前回のリーディングで敢えて上からストップをかけられていた理由は「子供持たない選択」を自分で生まれる前に事前に決め、その苦しい(苦しいかどうかは自分の解釈次第)経験を経る事で本来の自分(魂?)を取り戻す為である事。
自分で課題を決め、部活動をやり始めたのも、この経験をして成長する為のいわば事前プログラミングだっといえます。
例えるとロールプレイングゲームドラゴンクエストのプレイヤーに最初から攻略本で答えを言う事であり、自分で設定し経験する為に生まれてきたのに答えを言ったらなんの経験や学びもできない、と解釈しました。
   
喉の渇きを覚えハーブティーをお替りしました。 
   
そして、更にもう一枚のカードを引きました。
「基盤と達成」と書いてあります。

3枚目カードの説明


   
放心状態も含め90分経ちました。
その他にも何点かアドバイスを貰いました。
・早くて2年後に素晴らしい出来事がある事
・心の繋がりが出来る仲間やネットワークが出来る事
素晴らしい出来事については、あえて楽しみの為に聞きませんでした、
まとめると、今まで本で読んだ知見とほぼ合致するメッセージを貰い「確実に見えない世界や力がある」事を体感しました。


参考:事前に読んだ本です
ツインソウル 完全版 (PHP文庫)
死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」―退行催眠による「生」と「生」の間に起こること、全記録
神との対話 三部作 1?3巻 セット(サンマーク文庫)



オーラの事を聞き忘れたので、帰ってからメールで聞いたところ
「(形状が)つるんとなっていて変なものを落とす様になっています」と伝えられました。

最後に「自分に欺かない様に」との重要メッセージも添えられていました。
帰宅後、ババジの教え通り家でセルフヨガをしました。

このリーディングを終え、更にこの世の見えないシステムに興味を持ち、部活動のモチベーションも上がり、継続していく事になりました。
私生活や妻との関係性、仕事でも徐々に良い方向に変化してきました。
物事の視点や、問題も「これは自分で決めた事なんだな」と思い始めます。
一体自分はあと何個の課題を設定していてクリアしなければならないのか?
何故設定した事を忘れて生まれてくるのか?
※これも前回のヨガナンダの本に書いてありましたし、黒澤師匠からも教えて貰う事になります。

そして、部活動をやり始め、2回のリーディングのアドバイスを受けてからは、幼少期からの固定概念や先入観をたまねぎに例えるならば、皮が徐々に取れ始め芯(本来の自分)が出て来る様な感じです。
即効性はありませんが、振り返ると漢方薬の様にじわじわ本質から変わってくるのが実感してきました。


   
次回は小出しに登場して頂いた黒澤師匠出逢い編を書く予定です。
   
最後まで読んで頂きありがとうございました。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村