ある中年サラリーマンのマインドシフト自叙伝

宮城県でサラリーマンをしているサウナを愛する40代男性です。​​​​ ストレスでバセドー病、嘔吐を繰り返しながらの出社等ストレスフルな生活を約10年。 今まで信じていなかった「見えない世界」、いわゆるスピリチュアルを部活動的に生活に取り入れてマインドシフトした経験を記します。​​​​ 同じ境遇の方に少しでも参考になればと思います。​​​​ また、趣味のサウナ、神社巡り、B級グルメ、昭和スポット巡りについても載せていきたいと思います。​​​​

マイ・右脳開発部

新しい職場に異動し、覚える事が沢山ありましたので「右脳開発をして頭を良くしよう!」と
七田式超右脳開発トレーニングの本を買い、活動した内容を紹介します。
また、初リーディング時に直感が優れていると言われ調子に乗ったのもあります。

【主な練習内容】
沢山あったので出来そうなものから練習しました。
1・オレンジカード
2・マンダラカード
3・速聴
4・お経を暗記
①延命十句観音経
②般若心経


真っ先に練習を辞めたのは速聴でした。
飽きてしまったのと、車で聞いていたので、ありがとう連呼の妨げになったからです。

オレンジカードとマンダラカードは30秒見つめ、目を閉じる。
その残像が消えるまで待つ。
残像を自分の意識で再現する、というトレーニングです。
オレンジカードは画像の色が反転すると成功ですが一回もできませんでした。
効果は集中力とイメージ力アップですが3カ月程やっていましたが、イマイチ効果が実感できず練習メニューから外しました。

因みにカードはバレない様にipadでやっていました。


オレンジカード


オレンジカード(反転)※こうなれば良いそうです。


マンダラカード




次にお経の暗記です。
ひたすら暗唱を繰り返す事で、脳の海馬より更に深い間脳に記憶されるとの事です。
効果は一度見聞きするだけで再現できるいう超記憶の触れ込みです。

延命十句観音経は5日、般若心経は2週間毎晩風呂で連呼し覚える事が出来ました。
もちろんあまり意味等分からずに、です。



【延命十句観音の意味】
観世音 南無仏     
→意識を高める/執着を手放します/自意識を持ちません
与仏有因 与仏有縁   
→意識フィールドを広げる/今ここが神の世界です
仏法僧縁        
→神・心理・悟りの高い人と繋がっています
常楽我常        
→この世界は無常/耐えるのを楽しむ/真我です/分け隔てなく見る
朝念観世音 暮念観世音 
→朝も夕もいつも念じます
念念従心起 念念不離起 
→全部悟りの世界から起こった事で、決して離れません

2年後の現在、黒澤師匠に教えて頂いた意味です。
このお経はマントラ的に効果があるそうです。
唱えてて良かったと思いました。




練習場は風呂です。声を出していると熱中のあまり声が大きくなります。
ある日、般若心経の後半部分を声を出して独唱していた所、ドアが半分開きました。

市原悦子の如く妻がこっちをジッと見てます。

(しまった!)動揺しました。
「な、なに見てるんだ??ドア閉めてくれやっ」

妻「・・・・なんか宗教でもやってんの?」

「やってねーし!勉強だ 勉強!」

サラリーマンなのに勉強でお経を唱える。
振り返ると意味が分かりません。
半身浴で顔が赤かったので、赤面しているのはバレていなかったと思います。

無言でドアを閉められました。


余談ですが、僕はサウナに行けない日、家で入る時は必ず〆は水シャワーを浴びます。
更に余談ですが、震災後しばらくの間サウナに行けませんでしたが、我慢が出来ず、自転車漕ぎマシーンで汗をかいて速攻で水シャワーを浴びようとしましたが、冷た過ぎて太もも付近でギブアップしました。
やはり外部からの熱源で体を芯から温めないといけません。



その他、挫折したものを紹介します。
「塩まじない」と呼ばれる怪しい儀式です。
これも2chで知りました。
やり方は簡単で、トイレットペーパー等の紙に今叶えたい願いごとで阻害していることや、消してしまいたいことを紙に書いて、塩をひとつまみして、燃やす。
燃やせない場合は、そのままトイレに流して良い。
書き方も注意が必要です。
例えば「就職できますように」「お金が欲しい」ではなく、「就職決まらない」「お金がない」等、それを打ち消す作用になる様書かないといけません。


これも一ヶ月程やりましたが、ある時会社の先輩からこう言われました。

「なんか家のトイレで煙焚いてる儀式してるんだって?」

瞬間的に妻の顔を思い浮かべました。
先輩の妻と僕の妻が仲が良かったからです。
(さてはチクりやがったな!)と怒りが込み上げてきました。

「いやぁ〜 最近調子が悪いんで、線香的な煙焚くと浄化出来るって聞いてたんでやってみただけですよ〜〜」
(実際は、願いたい事や、なって欲しく無い事をトイレットペーパーに細かい字でぎっしり書いて燃やしていました)
  
「あ、そうなの」(ニヤニヤ)

「な、なんかにハマっている訳でないですからね!お試しです、お試し!」
必死に弁解しました。
帰ったら、妻に一言物申さずには入られませんでした。

帰宅後、「便所で煙焚いてんの〇〇先輩にチクったろ!」

「だって臭いんだけど。一体何してんの?宗教?」

「違う!自己啓発だ!」
便所に煙を焚く(実際は燃やしているのですが)自己啓発テクニックはありませんが、広義の意味では自己啓発だと思いました。

「ホント 臭いからやめてね」

これ以上何かあれば、社内で変な噂が立つ、僕のセルフイメージが崩れる、と思いこう返事をしました。

「お、おう」


こうして塩まじないの活動は止める事にしました。
よって、効果の程は不明です。

※余談ですが、宗教に纏わるエピソードを思い出しました。
母が日本最大の某宗教に入信しており、熱心な信者ではありませんでしたが朝勤行をしていた所、親父が何故か怒ってお経の書いた読本をぶん投げました。
実家は母がうどん屋を営んでおり、親父はたまに手伝うのですが、そのぶん投げた後、親父がうどんのローラーで手を豪快に挟んでしまう労働災害が発生しました。(しかも投げた方の手です)
幼い頃の話ですが、バチが当たるとはこういう事だ、と親父が体を張って教えてくれたと思っています。





隠密部活動をしてたのが徐々にバレ始めてきました。
しかし数年後、妻も、僕の進化マイセルフ具合を見て徐々に変わっていきます。


色々部活動をやりましたが、僕に一番効果をもたらした土台は"瞑想"だと思っています。



最後まで読んで頂きありがとうございます。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村