ある中年サラリーマンのマインドシフト自叙伝

宮城県でサラリーマンをしているサウナを愛する40代男性です。​​​​ ストレスでバセドー病、嘔吐を繰り返しながらの出社等ストレスフルな生活を約10年。 今まで信じていなかった「見えない世界」、いわゆるスピリチュアルを部活動的に生活に取り入れてマインドシフトした経験を記します。​​​​ 同じ境遇の方に少しでも参考になればと思います。​​​​ また、趣味のサウナ、神社巡り、B級グルメ、昭和スポット巡りについても載せていきたいと思います。​​​​

マイ・ありがとう連呼部活動

前回、マイ瞑想部活動をご紹介しました。
今回は他クラブ活動をご紹介させて頂きます。

部活動は「県大会優勝」等の明確な目標が必要です。それに向かって日々練習をします。
余談になりますが、僕はバスケ部で、ニコ上の先輩が県大会優勝、一コ上がベスト4で前評判の高かった我が中学は、最後の県大会で600人の全校応援にも関わらず、スタメン全員緊張の余り無名校にアッサリと一回戦負けてしまいました(*´Д`


しかし、自分がやっている部活動は大会自体ありませんので、自分の中で目標設定をしました。
そして、願望実現には潜在意識に刷り込むのに写真を取り入れイメージングが必要、との2ch情報からポスターを作成しました。


目標スローガンは「進化マイセルフ
人と比べず、昨日の自分より1ミクロンでも成長する様な意識で掲げました。

幼少期から、何故か旧ソ連や中国、北朝鮮等旧共産圏のポスターにグッと来る趣向だったのでこの様な形にしました。
余談ですが、北朝鮮マスゲームには非常に興味をそそられマスゲームを集めたVHSを20代前半で購入していました。いずれはナマで観てみたいと思っています。

本当は、寝室に貼りたかったのですが120%妻の反対に合うであろう事が完全予測されたので、就寝前起床後に携帯で眺めていました。

そして、師匠の教えとして「自意識を消す」アドバイスから、ポスター以外にも作ったものをさらけ出したいと思います。


17秒メソッドと言って「自分の気持ちをハイにしてくれる画像を作り、毎日17秒見る」というメソッドです。コツはニヤニヤしながら眺めるそうです。


因みに、これは叶ってません。
全てお金があれば何でも出来る、働かなくても良いお金が欲しい、とのマインドからですが、これも今は変わっています。


さて、瞑想部以外のクラブ活動も、活動順からご紹介致します。

【主な部活動一覧】
1・マイ瞑想部(毎日朝練、夜練活動中)
  前述したとおりです。

2・マイありがとう連呼部(現在休部中)

3・マイLOA引き寄せ部(現在休部中)

4・マイトイレ、玄関掃除部(毎朝活動中)

5・マイ家掃除部(週一回活動中)

6・マイミソカモウデ部(月一回活動中)

7・マイアファメーション部(朝練活動中)

8・マイ右脳開発研究部(休部中)

9・ヨガ部(朝練アップ用として活動、月一回スタジオで 合同練習中)

今回は"マイありがとう連呼部"の活動紹介をさせて頂きます。

【マイありがとう連呼部】
斉藤一人さんの本を読み「ありがとう」を
100万回連呼すると良い事があると知り活動開始。
※計測はカウンターは未使用、1分100回の基礎数値からトータル時間で算出してました。

今まで「ありがとう」の言葉は恥ずかしいという自意識から「どうも」「サンキュー・サ ー」位しか言った事がありませんでした。
対外的には言っていましたが、普段の生活でナチュラルに出た事は稀でした。

5000回付近で、何故か今までの感謝の念が沸
き起こり号泣。

調べるとそうなる人がいて、黒澤先生の言葉を
借りると“内観”にあたると思いました。
約2年間で240万回まで実施以降、カウントをやめましたが、たまに犬の散歩中に練習しています。
理由は、ありがとう連呼をしなくても良い環境作りを教えて貰ったからです。

因みに"ありがとう"の言葉はマントラ(真言)だそうです。
そして、ありがとうの逆サイドの言葉"あたりまえ"の考えを少なからず持っていたのが、調子に乗っていた20代前半くらいまでの自分でした。

これらの活動は、妻にも友人にも秘密の隠れキリシタン的単独活動でした。
なぜなら「この様な事をしないと弱さを克服できない自分」を知られたくないという昭和男児的カッコツケ意識からです。

効果としては、少しずつ気持ちが楽になり、
周りのもの、人に感謝する気持ちが(やっと)芽生え、以降のLOA引き寄せ部活動に繋がっていきます。



最後まで読んで頂きありがとうございす。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ